TSUTAYAディスカス

2019年04月30日

特捜9 メンバー 加納倫太郎

特捜9のメンバーではないのですが、私が一番好きで、一番気になっている加納倫太郎さん。

演じていた渡瀬恒彦さんが2017年3月14日にお亡くなりになり、どうなる事かと気になっていました。渡瀬恒彦さんが出演していたのは、実質、警視庁捜査一課9係のSeason11まで。

Season12 の放送はどうなることかと見ていたら、内閣テロ対策室アドバイザー兼務のため不在という形でした。このまま続けていくのは難しいのではなかろうか?Season13はあるのかなぁ?無いのかなぁ?と見ていたら、特捜9という形で続きました。

特捜9 Season1 では、内閣テロ対策室長として出向という扱いでした。

特捜9 Season2 では、ICTC国際テロ対策センターへ出向し、アメリカにいるということになっています。


このまま加納倫太郎が生きている設定で続行するのか?どこかのタイミングで殉職という形をとるのか?はたまた技術の進化を待って、3Dホログラムや合成音声などの技術を使い、あたかも生きているかのように各シーズンに1〜2回登場したりするのか?

などなど、いや、もう、本当に気になります。


そして、最近見付けました。

【東映公式 EPISODE GUIDE】に「加納倫太郎が早乙女静香を苦手な理由」が、あるのを。

警視庁捜査一課9係 season12(2017年4月放送開始)のエピソードガイドが早乙女静香さんからターシャ・テューダーさんに宛てた手紙という形で加納倫太郎さんのことを語っていました。

ちなみにターシャ・テューダーさんは実在した人物であり、アメリカの絵本画家・挿絵画家・園芸家(ガーデナー)・人形作家です。2008年6月18日に亡くなっているので、早乙女静香さんが加納倫太郎さんを偲ぶために、出せない手紙に思い出を綴った・・・という設定なのかな・・・と思いました。

1〜9まで通して読むと静かに加納倫太郎さんを偲ぶことができます。。。ドラマの設定上は生きているのですが(苦笑)


「加納倫太郎が早乙女静香を苦手な理由」1
https://www.toei.co.jp/tv/9gakari_12/story/1209511_2728.html

「加納倫太郎が早乙女静香を苦手な理由」2
https://www.toei.co.jp/tv/9gakari_12/story/1209607_2728.html

「加納倫太郎が早乙女静香を苦手な理由」3
https://www.toei.co.jp/tv/9gakari_12/story/1209624_2728.html

「加納倫太郎が早乙女静香を苦手な理由」4
https://www.toei.co.jp/tv/9gakari_12/story/1209662_2728.html

「加納倫太郎が早乙女静香を苦手な理由」5
https://www.toei.co.jp/tv/9gakari_12/story/1209708_2728.html

「加納倫太郎が早乙女静香を苦手な理由」6
https://www.toei.co.jp/tv/9gakari_12/story/1209761_2728.html

「加納倫太郎が早乙女静香を苦手な理由」7
https://www.toei.co.jp/tv/9gakari_12/story/1209781_2728.html

「加納倫太郎が早乙女静香を苦手な理由」8
https://www.toei.co.jp/tv/9gakari_12/story/1209807_2728.html

「加納倫太郎が早乙女静香を苦手な理由」9
https://www.toei.co.jp/tv/9gakari_12/story/1209858_2728.html


加納倫太郎さんを偲んでいて、警視庁捜査一課9係が見たくなったら、DVDを購入するのも一つの手。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】警視庁捜査一課9係 Season1 【DVD】
価格:12631円(税込、送料無料) (2019/4/30時点)





DVDを購入するよりもレンタルで見たい人には、30日間無料お試しできる TSUTAYA DISCAS(ツタヤ ディスカス)がお勧め。ちなみに、特捜9は映像配信で、警視庁捜査一課9係はDVD宅配レンタルで無料お試しできます。


ツタヤの映像サービス30日間0円!


posted by 特捜9ファン at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 特捜9 メンバー

2019年04月21日

特捜9 メンバー 浅輪直樹

浅輪君、立派になったねぇ〜。特捜9 シーズン2 の第1話で警部補になったので、備忘録的にまとめてみました。


事件解決後、警視総監室にて。

神田川警視総監が判を押した書類を宗方班長に渡しながらに言う。


神田川:君が考えていたというのは、コレか?

宗方:はい。組織にふさわしくしたいと思ったからです。

神田川:君がそこまで入れ込むとは、理由は何だ?

宗方:強いて言うなら、あいつが・・・甘いからです。


その後、特捜班の部屋にて。

宗方班長から浅輪君へ任命書が手渡される。

警視庁複数警部補制運用要綱に従い、浅輪直樹を五級職警部補に任命する。
平成31年4月10日発令


昇任試験も受けてないし・・・と辞退しようとする浅輪君に矢沢さんが「今回の功績による特進だよ」と言う。宗方班長も「同じ警部補でも、指揮命令を下すことができる。いいから引き受けなさい」と言う。

こうしてめでたく、浅輪君は昇任試験を受けることなく、巡査部長から警部補へ昇進しました。


気になったのは2つ。

1つ目は、「あいつが・・・甘いからです」の「あいつ」は、きっと加納倫太郎さんのことだよね?

あの時の神田川警視総監と宗方班長の意味深な笑顔は、アメリカに行ったことになっている加納倫太郎さんのことを思い浮かべていた笑顔に見えました。


2つ目は、五級職警部補って何?

試験を受けることなく昇進した警部補のことを五級職警部補と呼ぶのかな?と一瞬思ったけど「同じ警部補でも、指揮命令を下すことができる」と宗方班長がわざわざ言ってるから、指揮命令を下すことができる警部補のことを五級職警部補って言うのかな?

で、検索したら Wikipedia には、こんな風に載ってました。(一部抜粋)

******
選任された警部補は他の警部補に対して指揮命令を下すことが出来る立場の役職としている。この警部補は責務の上昇に伴い、警部の給与等級である5号級が支給されるため、「5級職警部補」と呼称される
******

へぇ〜。ざっくり言うとこんな感じでしょうか?

特捜9には、警部補が4人いるでしょ?(村瀬さん、青柳さん、小宮山さん、浅輪君)

階級同じだと喧嘩するでしょ?(特に村瀬さんと青柳さん)

だから、リーダーを決めてその人の言うことに従いましょうね。(皆、浅輪君の言う事に従うように)

リーダーは責任が重くなるから、その分、給与も上げておくね。(浅輪君の給与は村瀬さん達より多いのかな?)

浅輪君には、給与として、警部の給与等級である5号級を支給します。

5号級の給与をもらう警部補=5級職警部補 と呼ばれるらしい。

ということは、過去(9係時代)に主任を務めていた村瀬さん、青柳さん、小宮山さんは、主任の間は、5級職警部補だったってことよね?じゃぁ、主任を外れると給与も下がったのかしら?でも、ドラマ見てると昇任試験を受けずに警部補に昇進した人のことを五級職警部補と呼んでいるような気がしなくもないんだけど・・・

などと色々気になりながらも、とにかく浅輪君、五級職警部補へ昇進おめでとう!


posted by 特捜9ファン at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 特捜9 メンバー

2018年06月17日

特捜9 メンバー 宗方朔太郎

最終回(第10話)3つの時の殺人 で、寺尾聰さん演じる宗方朔太郎の過去が明かされたので、備忘録的にまとめてみました。


・宗方朔太郎(むなかた・さくたろう):寺尾聰
現在は、特捜班の班長。

5年前に人事課に籍をおいていたのは仮の姿で、実は、警察庁 官房人事課 監察官補 だった。当時は、首席監察官だった高森法務大臣の下で働いていた。

監察官補の仕事は、裏部隊と呼ばれ、不正や不祥事を起こした大勢の仲間たちの首を切り続ける事。その為、裏切り者と忌み嫌われていた。でも、警察という組織の中では必要な任務である。


【宗方班長が警察を辞めるキッカケになった 5年前の事件 とは?】

練馬東署管内のラブホテルで山根秋乃(やまね あきの 女性 22歳 キャバクラ勤務)が覚せい剤の大量摂取により死亡。捜査開始直後に暴力団 龍丸会の準構成員で未成年者だった男が出頭。その男は山根秋乃が自ら望んで大量摂取したと自供。

しかし、練馬東署 刑事課 刑事:桜庭忠司は、その自供に納得できなかった。

桜庭は独自に捜査を進め、新たに浮かんだ容疑者を逮捕した。逮捕理由は、押収した袋についていた指紋とその男の指紋が一致したから。

しかし、新たに浮かんだ容疑者にはアリバイがあり、その上、取り調べの際に桜庭がその袋を持たせて無理やり指紋をつけさせたんだと、新たに浮かんだ容疑者に訴えられた。

当時、監察官補だった宗方は、首席監察官だった高森に内部捜査を命じられた。その際、高森は

「桜庭というのは公にこそなってはいないが、今までにも数々の証拠捏造を行っていたようだ。したたかで狡猾な男だ。宗方君、騙されてはいかんぞ。国家権力の警察による証拠捏造の誤認逮捕など絶対にあってはならん。許してはならんぞ。」

と圧力を掛けていた。が、当時の宗方は圧力だとは気付かず、高森の言葉を信じて、厳しい取り調べを行った。

桜庭は「どうか信じて下さい。調べ直してください。」と必死に懇願するが、宗方は信じるどころか

「君も刑事ならわかるよね?これだけの証拠が揃っている以上、言い逃れはできない。疑われたって仕方ないんだよ。」

と一蹴してしまう。その直後、自宅で謹慎中の桜庭は奥さんを道連れにし、たった2歳の娘を残して、自らの命を絶っていた。

第一発見者となった宗方は、押し入れの中で泣いていた2歳の女の子を抱き上げて、警察を辞めると決心。そしてこの子の為に生きていこうと決めた。


この女の子が桜庭琴美ちゃん。ここでやっと桜庭琴美ちゃんと宗方班長がどういう関係なのか分かりました。当時の宗方班長は、自分のせいで、琴美ちゃんの両親を自殺に追い込んだと思っていたのかな。そして懺悔の日々を送っていた宗方班長の耳に5年前の事件を思い起させる ある男 の名前が飛び込んできたのが1年前。

5年前の事件の時は、誤認逮捕だったということで、捜査記録からも抹消されていたその男の名前は、小出智之。

小出智之がドラッグの大量摂取により死亡していたのが1年前の事件であり、9係が解散させられた事件だったのです。

1年前の事件については、下記の記事で紹介していますので、よろしければどうぞ。

特捜9 解散理由 最終回

それにしても、琴美ちゃんは、宗方班長のことを父親ではないと言い、朔たん と呼んでいたのに、最終回では、「父の日だから」と宗方班長の似顔絵を描いて、「お父さん ありがとう」と書いてありました。きっと琴美ちゃんが初めて宗方班長のことを お父さん と認めた日でもあったんだろうな。

宗方班長、じんわりと嬉しそうでした。



****** Season2 2019/5/9 追記 ******

公式サイトのキャスト紹介で

『警視庁捜査一課特別捜査班刑事。階級・警部。警視総監・神田川から直々に特別捜査班班長に任命された元監察官。とある事件をきっかけに引き取った琴美を育てるため“9時→5時”で特捜班の班長を務めていたが、恨みを買いやすい職業であるうえに、一人で留守番させる時間が多いため、亡き妻の親戚の家に琴美を預けることに。一風変わった人物だが、事件解決のヒントを与えてくれることが多く、特捜班のメンバーからの信頼も厚い。』

と書いてあったのですが、ドラマでは琴美ちゃんを預けるに至った場面は描かれていませんでした。う〜ん・・・スペシャルでは琴美ちゃん登場してたけど、Season2 では、もう登場しないのかなぁ?



****** Season2 2019/7/5 追記 ******

宗方班長、辞職しました。

琴美ちゃんの将来を考えるため・・・でもあるけど、実際には三原刑事部長と刺し違えました。

シーズン2の第1話の犯人:足代新市(あじろ しんいち)が、13年前の妻殺しは冤罪だと浅輪君に訴えた後、逃走中に何者かに射殺されました。新聞では、「警察官の制止を振り切り、猟銃で発砲したため、警察官が発砲、男は現行犯逮捕されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。」と嘘が発表されました。(猟銃で発砲していない)

最終回で、浅輪君は足代新市との約束を守り、13年前の事件を1人で再捜査。冤罪であることを突き止め、宗方班長に報告したところ、宗方班長が「後は自分にやらせてくれないか」と言って、引き受けます。

13年前、足代新市の妻を殺したのは、近所に住む空き巣の常習犯であることが判明。

なんと、この事件には櫻井裁判官も絡んでおり、櫻井裁判官も辞職。足代新市の射殺命令を出したのは、三原刑事部長ではないかということで、警視総監室で問いただすと、三原刑事部長は「足を狙えと言ったのに、狙撃手がミスした」と罪を認めるも「このままでは許さない」と憤ります。それに対し、宗方班長は「ご心配なく」と辞表を見せた・・・という次第です。

もう宗方班長にも琴美ちゃんにも会えないのかぁ。。。残念だなぁ。。。

宗方班長が辞めるに至った経緯を見たい方は、シーズン2の第1話と最終回(第11話)をご覧下さいませ。テレ朝動画も TVer も配信終わってるけど、合法的に無料で見られる動画をご紹介しています。一気見したい方にもお勧め。

特捜9 無料 動画


posted by 特捜9ファン at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 特捜9 メンバー

2018年04月24日

特捜9 メンバー

特捜9のメンバーは以下の通り。

浅輪直樹 (あさわ・なおき) ………井ノ原快彦

小宮山志保(こみやま・しほ)………羽田美智子

村瀬健吾(むらせ・けんご)………津田寛治

青柳靖(あおやぎ・やすし)………吹越満

矢沢英明(やざわ・ひであき)………田口浩正

新藤亮(しんどう・りょう)………山田裕貴

宗方朔太郎(むなかた・さくたろう)………寺尾聰


今シーズンから新メンバーとして、新藤亮が仲間入り。やっと浅輪君の後輩ができました。浅輪君がビシッと指導する姿は素敵です。

清水章吾さん演じる柴崎刑事部長から異動を命じられた新藤君。柴崎刑事部長は何か裏で糸を引いたりするのかしら?それとも単なる情報収集要員として使われるだけなのかな?

新藤君の成長も楽しみです。


posted by 特捜9ファン at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 特捜9 メンバー

加納倫太郎さんが懐かしくなったら警視庁捜査一課9係を観ます。