TSUTAYAディスカス

2019年06月24日

特捜9 シーズン2 最終回 あらすじ

特捜9 シーズン2 最終回 正義の罠 の あらすじ はこちら。

******
弁護士の小林則夫(坂本直季)が死亡する事件が発生し、特捜班が臨場する。ほぼ無傷の遺体は、指先だけが切れており、床に血で『J・P』と書かれていた。“これはダイイングメッセージか!?”と考える浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班の面々だが、監察医の早瀬川真澄(原沙知絵)の解剖によると、死因は不明…。

一方、鑑識課の解析により、すべて同じ背広姿の男を隠し撮りした大量の写真がスマートフォンに残っていることがわかる。それを見た班長の宗方朔太郎(寺尾聰)は、写真の背景から撮影された場所は東京地方裁判所だと指摘。さらに調べを進めると、写真に映っている人物が裁判官の櫻井潤(嶋田久作)であることが判明する。

特捜班が、小林と櫻井の接点を調べ始めた矢先、第2の死亡事件が発生!死亡したのは、弁護士の松井浩史(古河耕史)で、床には血で『J』の文字が!

小林と同様死因は不明だが、松井の足裏に軽度の熱傷があることが判明。真澄は、二人は感電死した可能性があると言い、二人の弁護士の死は、連続殺人事件の様相を見せ始める。

櫻井と二人の弁護士の接点を調べる中で、松井が元々検事だったヤメ検弁護士だということが分かる。さらに、12年前の『青酸ガス無差別殺人事件』でのつながりを見つける。当時の関係者にも聞き込みを始めるが、上からは圧力がかかる事になる。

しかしそんな中、裁判所から刑事部長の三原達朗(飯田基祐)に、しつこく櫻井に聞き込みをするなとクレームが入り、直樹が降格の危機に…。さらに、優しく人に寄り添いながらも正義を貫く直樹の姿を見た宗方はある決意を固め、特捜班に運命のときがやってくる…。
****** 公式サイトより転載。


下記は、特捜9のちょっとした一コマが描かれていて面白いです。
今回は、日曜の一件楽着

【東映公式 EPISODE GUIDE】
https://www.toei.co.jp/tv/tokusou9_02/story/1214615_3003.html

今回のエピソードガイドは、第10話 時間差心中 のラストシーンの続きが描かれてます。そうかぁ。6月だからなぁ。去年も最終回には、父の日が描かれてたなぁ。今年は本編に無いからエピソードガイドで掲載したのかな?


ところで、最終回を目前に 特捜9 シーズン2 を一気見したい方へ朗報です。なんと!既に シーズン2 の第1話〜第9話までが U-NEXT と TUTAYA DISCAS で公開済みなのです。動画だからこんなに早く公開できるんでしょうね。びっくりしました。どうやら、テレ朝動画 や TVer での無料公開期間終了後、U-NEXT と TUTAYA DISCAS で公開されているようです。

ちなみに、どちらも無料体験期間サービスを利用すれば期間中は無料で視聴できます。

特捜9が配信されていて、31日間の無料体験期間サービスがあるのは、U-NEXT(ユーネクスト)。


日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!


特捜9の前身になる 警視庁捜査一課9係 も見たいっ!という人には、30日間無料お試しできる TSUTAYA DISCAS(ツタヤ ディスカス)がお勧め。特捜9は映像配信で、警視庁捜査一課9係はDVD宅配レンタルで無料お試しできます。


ツタヤの映像サービス30日間0円!


posted by 特捜9ファン at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 特捜9 あらすじ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186185036
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

加納倫太郎さんが懐かしくなったら警視庁捜査一課9係を観ます。