TSUTAYAディスカス

2019年06月12日

特捜9 シーズン2 第9話 あらすじ

特捜9 シーズン2 第9話 浅草大捜査線 の あらすじ はこちら。

******
青柳靖(吹越満)は垣内妙子(遠藤久美子)と浅草の寄席で落語を聴く約束をしていた。先に到着していた妙子の元に駆け寄る青柳だが、ふと視線を感じ、そちらを見ると一人の男が、自分たちの方を見ていた…。その男の顔を見た瞬間、青柳は妙子に先に中に入っているよう告げ、男を追う。

先に一人で席に着いた妙子は、近くの席にいた老人・中沢幸平(勝部演之)からたい焼きをおすそ分けしてもらう。しかしその直後、たい焼きを食べながら落語を聴いていた中沢が、突然胸をかきむしりながら苦しみ始める。妙子が慌てて介抱しようとしたところにようやく青柳も到着するが、中沢は絶命してしまう…。

解剖の結果、死因はたい焼きに混入されていた青酸カリによる中毒死と判明する。

浅輪直樹(井ノ原快彦)らが、中沢行きつけのたい焼き店の店主・杉田健次郎(松浦慎一郎)や、ずっとひいきにしてもらっていたという落語家の春楽亭柳三(笠兼三)らに聞き込みをしたところ、中沢は誰からも好かれるご隠居で、恨みを買うはずがないという。

しかし、小宮山志保(羽田美智子)らの捜査で中沢の自宅が荒らされていることがわかる。

一方、なにか思うところがあるようで、様子のおかしい青柳…。

彼は、心配する矢沢英明(田口浩正)に、寄席の前にいた男が、暴力団・龍丸会の構成員・塩田徹(大鷹明良)だったことを告げる。実は、塩田は過去に妙子をひどい目に遭わせた、青柳にとっても因縁の男だったのだ!

青柳と妙子のつらい過去を知る矢沢や直樹らは、青柳の単独行動を許し、そっと見守ることに…。

そんな中、ひどい暴行を受けた若い男の遺体が見つかる。被害者が死亡時に握りしめていたバッジを調べると、龍丸会のフロント企業の社章だということが判明する。

誰からも好かれる浅草の隠居老人と暴力団…。一見、まったく無関係に見える二つの事件が交差したとき、明らかになる真実とは…?
****** 公式サイトより転載。


下記は、特捜9のちょっとした一コマが描かれていて面白いです。
今回は、コトとサクたん

【東映公式 EPISODE GUIDE】
https://www.toei.co.jp/tv/tokusou9_02/story/1214564_3003.html

エピソードガイドは、ほのぼのしてていいです。コトちゃん、沢山の夢を持って大きくなってね。

さぁ、本編の前にお風呂入って来ようっと♪


posted by 特捜9ファン at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 特捜9 あらすじ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186129907
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

加納倫太郎さんが懐かしくなったら警視庁捜査一課9係を観ます。