TSUTAYAディスカス

2018年06月23日

特捜9 感想 総評

[感想&総評] ブログ村キーワード

特捜9が最終回を迎えて早10日経ちますが、まだちょっと寂しいな。ひとまず、このブログも今回で終了です。最後は、総評で締めさせて頂きます。

渡瀬恒彦さんがお亡くなりになった直後の 警視庁捜査一課9係 Season12 では、加納倫太郎は内閣テロ対策室のアドバイザーとして9係を離れている設定でした。お亡くなりになったと分かっていても何だかまたふらっと現れるような感覚がありました。物足りなさはあったものの、何とか乗り切ったんだな・・・というのが当時の感想でした。

今回、特捜9として新たに始まることになり、加納倫太郎の扱いは一体どうなるのか?と気になって気になって仕方がなくブログを立ち上げてしまいました。結果として、加納倫太郎は 内閣テロ対策室のアドバイザーから 室長 になっている・・・というのを Wikipedia でさっき知りました(笑)

ドラマの中では、そういう明確な表現は無かったと思うのですが。。。ただ、会話の端々に上るので、生きている設定ではあるんだな、と分かり何だか安心しました。でも、やはり、加納倫太郎が登場しないのは寂しさを感じます。当たり前ですが、公式サイトの CAST ページ(人物相関図)にも掲載されていませんし。

次の Season はどうするのかな?

渡瀬恒彦さんがお亡くなりになったのは周知の事実なので、登場しない事を前提に、それでも加納倫太郎は生きている設定でこれからも会話の端々に登場し続けるのか?はたまた殉職した設定で、新たに継続していくのか?

やはり加納倫太郎が登場しない事は不自然・・・かもなぁ・・・と感じてしまいました。

浅輪さんと倫子ちゃんの結婚についても、たぶん本当だったら、係長と倫子ちゃんが仲直りして、9係のメンバーにも祝福されながらの挙式シーンがあったんじゃないかな?とか、仕方のないことなんだけど、本当だったら、こういうシーンがあったんじゃないかな?と思ってしまうことがチラホラとあったので。

このドラマの面白さは、刑事ドラマとしての面白さもありますが、サイドストーリー的な各メンバーのプライベート部分が垣間見られるのも楽しみでした。事件を解決する過程でのコミカルなやり取りも。

それぞれの個性が全く違うものの、根底に流れている事件解決への信念と正義感を感じられるからこそ、やり方が全く違っても真実に辿り着くプロセスが楽しい。と感じるドラマです。

それを取りまとめていた加納倫太郎の存在は大きく、物足りなさを感じるのは否めないかもしれませんが、加納倫太郎が亡くなったとしても、十分に面白さ、楽しさを感じさせてくれるのではないかと思っています。個人的には、浅輪さんの成長物語にシフトしても良いんじゃないかな?と。浅輪さんが出世しないと矢沢さんが主任になれないし(主任は持ち回り制で順繰りになるんだと思ってますw)。

どちらにせよ、加納倫太郎が今後どのように扱われるのかは、やはり気になります。

これからも会話の中で登場するのであれば、新しいドラマの在り方ができるのかもしれませんし。俳優が亡くなっていることを分かっていて、それでも生きている設定で違和感なく楽しめるドラマ・・・になったらスゴイですよね。


最終回で、倫子ちゃんが父の日にオンシジュームを加納倫太郎に贈ったと話していたので、何か花言葉とかにメッセージが託されてるのかな?と思って調べてみました。

オンシジュームの花言葉は、「可憐」「一緒に踊って」

という事は特に意味は無かったのかな?

「一緒に踊って」という花言葉は、花の姿がドレスを広げて優雅に踊る女性のように見えるからなんだとか。倫子ちゃん、倫太郎さんと一緒に踊りたかったのかしら?あれだけ嫌っていた父親と一緒に踊りたくなるほど仲直りしたのなら、本当に良かったね。ちなみにオンシジュームはこんな花です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オンシジューム アロハイワナガ アーチ 5本立ち【送料無料】
価格:10800円(税込、送料無料) (2018/6/23時点)




【総評】
加納倫太郎が出演しないので、物足りない気はするものの、宗方班長や新藤君も加わったし、メンバーの個性は相変わらずで、コミカルなやり取りは面白い。ファンとして厭きずに見る事ができます。来シーズンも楽しみにしています。


特捜9 と 警視庁捜査一課9係 を合法的に無料で見たい人は、こちらの記事をご覧下さいませ。

特捜9 動画 無料


posted by 特捜9ファン at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 特捜9 感想

2018年06月21日

特捜9 動画 無料

[動画視聴] ブログ村キーワード

特捜9の動画を無料で見るなら、最新話だけ1週間無料で配信している テレ朝動画 か TVer がお勧め。ですが、テレ朝動画の無料配信期間は既に終了。現在は、有料で全話または単話を購入して視聴できます。TVerの方は、2018年6月27日(水) 19:00配信終了になります。

それ以後、無料で見たい場合はどうしたらいいのか?

間違っても海賊版や違法サイトを見てはいけません。それは違法であり、一生懸命作っている人達の労力を搾取する行為になりますから、自分の運気を落としちゃいます。合法的に無料で見るなら、無料お試し期間や無料体験期間を提供しているサービスを利用しましょ♪

特捜9が配信されていて、31日間の無料体験期間サービスがあるのは、U-NEXT(ユーネクスト)。


日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!


特捜9の前身になる 警視庁捜査一課9係 も見たいっ!という人には、30日間無料お試しできる TSUTAYA DISCAS(ツタヤ ディスカス)がお勧め。特捜9は映像配信で、警視庁捜査一課9係はDVD宅配レンタルで無料お試しできます。


ツタヤの映像サービス30日間0円!


posted by 特捜9ファン at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 特捜9 動画

2018年06月18日

特捜9 解散理由 最終回

[特捜9] ブログ村キーワード

特捜9の最終回において、やっと 9係 の解散理由が分かりました。待ってたよ〜。一体1年前に何があったのか・・・。

【9係 解散理由】
1年前、雑居ビルの共同トイレでドラッグの過剰摂取により小出智之(こいで ともゆき)という男が死亡。小出智之は暴力団と関わっていた為、組織対策犯罪部(通称:組対)が乗り込んできた。青柳さん曰く

「組対の安達はクソ野郎だが、並河って骨のある奴もいたのよ。俺らは並河と組んだ。」

というわけで、9係と組んだのは、組織犯罪対策部 第三課 刑事:並河康弘(なみかわ やすひろ)。

その並河が捜査ミスを犯した。とされているが、やはり青柳さん曰く

「捜査ミスじゃねえよ。犯行現場近くの防犯カメラに犯行時刻、龍丸会の構成員が映ってた。だから逮捕したんだ。」

並河の捜査ミスとは、逮捕したその構成員に完璧なアリバイがあったこと。完璧なアリバイがあったにも関わらず、防犯カメラに映っていたのは何故か?

防犯カメラの映像に手が加えられていた = 編集されていた

となると、監察官は、手柄を焦った並河が証拠を捏造したとみなし、彼を謹慎させる。でも、並河は、そんな事をする奴じゃないと青柳さんは必死に抗議します。なんせ、青柳さんのお眼鏡に適った人だもの。そんな悪い事するわけがない。

物凄い剣幕で抗議する青柳さんに対し、安達さんはこう言い放ちます。

「青柳さん、あんた並河の何を知ってるんだ?並河っていうのは悪い奴にそそのかされると、そういう事をやりかねない男だったんだよ。あ、もしかして、あんたがそそのかしたのか?」

もちろんその後は乱闘でした。そして謹慎中、並河はビルの屋上から飛び降りて自殺。並河が自殺した事で、彼の証拠捏造に9係が関与しているとされ、その全ての責任は9係にあるとされた。

それで解散という処置を取られたのかと思ったら、なんと柴崎刑事部長は

「理由などない。組織改編だ。」

「本来なら、君たちは不祥事の責任を取り、しかるべき処置を受けなければならんのだ」

「理由などないと言ったはずだ。通常の人事異動だ。」

と、あくまでも「組織改編」や「人事異動」だと言い張ってました。でも、実質解散だよね?そこにこだわる理由は何だったんだろう?と思いましたが、まぁ、一般企業でも自分にとって都合が悪い時は、こういう事をするお偉いさんはいるからね。世間体を気にして・・・って奴かしらね?

あっ、ひょっとして、本来なら懲戒免職処分にするところを神田川警視総監や加納係長の尽力の甲斐あって、人事異動に留まったってことかしら?う〜ん・・・そこまでは読み取れないなぁ(苦笑)


さて、一通り9係の解散理由を聞いた宗方班長は、こう言います。

「私は、9係が解散させられたと聞いて、高森に生贄にされたんだと思った。」

「5年前も、1年前も、真実・真相に近づいた者は濡れ衣を着せられ、生贄として葬られたんだ。」


宗方班長の話を聞いて、呟く浅輪さん。

「5年前は桜庭さん、1年前は並河さん、それぞれ自殺に追い込まれたって事か・・・」


そしてドラマでは、こう続きます。

宗方「本当に自殺だったのかな?」

村瀬「まさか自殺に見せかけて・・・」

新藤「殺されたんですか?」

宗方「その可能性・・・」

浅輪「高森大臣は、真相を闇に葬り去ろうとして、2人を殺して、9係を解散に追い込んだ・・・。」

宗方「そんな時に神田川警視総監から特捜班の話を持ちかけられた。そして私は、浅輪さん、君と出会った。」「君たちとなら・・・戦える。そう思った。」

浅輪「俺たちもまた一つになれたら、1年前の事件の真相を暴けると思ってました。5年前の事件、1年前の事件、それから今回の事件が解決すれば、全て明るみになります。」


おぉ〜。自殺に追い込んでしまったと思っていたものが、実は、殺されたのかもしれない・・・となり、俄然メンバー全員の心に火が付きました。ここから、高森大臣をどうやって逮捕するのかが一つの見所でした。

ちなみに、宗方班長が関わった5年前の事件は下記の記事で紹介していますので、よろしければどうぞ。

特捜9 メンバー 宗方朔太郎


posted by 特捜9ファン at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 特捜9 解散理由

加納倫太郎さんが懐かしくなったら警視庁捜査一課9係を観ます。